開店祝・胡蝶蘭が選ばれ使われて送られる理由

胡蝶蘭は、開店祝でよく見かけますし贈る人が多い花とされています。
その大きな理由は開店する側も、お店を見る側も「嬉しい」という感情がいっぱい詰まっていて、特に胡蝶蘭は高価な花として他の花や、よく見る色んな花より飾り方が難しくまた高価という事から、ステータスな花になるため贈られたりする事が最も多い最大の理由になります。

逆に贈るほうは、お祝いという事で嬉しい気持ちは勿論、気持ちを花で形にするにはやはりボリューム感があり鮮やかさもある胡蝶蘭を選ぶ傾向にあり、受け取った側にもセンスが良い。わかっている。と思ってもらえる意味でも贈る事が多くあります。

そして、花を贈るタイミングがとても大切でタイミングは開店当日が一番いいとされていますが、最近では当日は忙しく中々受取る事ができないという理由で前日又は数日前に贈ったりする人も多くいます。
花を贈った後も贈る時も、マナーが必要になってきます。ただ贈れば良いという訳でもないため、花以外に贈るのも立場をわきまえまたどんなものをもらったら嬉しいかというのをしっかり考えて贈ることが大切です。

そして最後に、その贈ったお店の料理や何か商品を買ったりしてあげると更にマナーが良く、店側もただ来てくれたと思わず喜んでもらえるので最後は必ず何かしら注文又はお店の品を買ってあげたりし、気持ちとしてお金を支払う事が大切になってきます。

そうする事で貰った側もとても喜び、開店したという嬉しい気持ちになるため贈り物と共にお祝いのコメントを添えた手紙などを贈ると更に喜ばれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です